MENU

やっぱり低金利目的ローン

銀行の目的ローンと呼ばれる金融商品は、お金を借りる目的が指定のものであり、かつその目的を疎明する書類などの提出が必須となります。目的ローンと大きく分類して、その中にブライダル、トラベルといったように別れていることもあれば、それぞれブライダルローン、トラベルローンといった商品として記載されていることもあります。

 

自分がお金を借りたい目的がローンになければ、カードローンおすすめの銀行を探すか、フリーローンなどで代用するということになるでしょう。また多目的ローンという名称で、目的に含まれないものをフォローしている金融機関もあります。

 

ただし、目的ローンは借り入れしたお金の使い道を明確にすることで金利が低い、という側面があります。フリーローンなどでも最近は限度額によっては大変低金利のものも登場していますので、しっかりと金利を比較して選ぶ必要があるでしょう。

 

最近では自己啓発のため、資格取得のための目的ローンなども多く登場しています。また女性だけが利用できるような目的ローンがある銀行もあります。申し込み者によってより適したローンを見つけることが大切になりそうです。

 

目的を疎明する書類は、見積書などで良い場合もあり実際に購入する前に資金を準備できることもあります。また、先に借り入れをして購入してから領収書を送るという場合もあります。このあたりはローンの説明をしっかり理解し、借り入れと購入の計画をしっかりと立てておきましょう。

 

自分の借り入れ目的に適したローンがあれば低い金利で利用できることが多いですから、色々な銀行の目的ローンを比較することをおすすめします。

ローンを組み合わせて低金利に

銀行のローンを利用することにおいてお得な点がたくさんありますね。例えば、無利息期間や利息キャッシュバックを行っている銀行カードローンなどを見つけることもお得さに直結しています。たくさんの銀行ローンがあり、さらに口座を銀行で開設することでさらなるお得さにつなげるという方法もあるのです。

 

銀行では住宅ローンとカードローンを組み合わせるなら金利優遇を受けられるといったことなど、複数ローンを利用することでお得に利用することができます。それぞれの銀行が様々な優遇措置をとっています。たくさんローンを組み合わせるほど金利が低くなっていく銀行もあれば、二つ以上でも変わらない場合もあります。もちろん元々の金利と優遇後の金利を比較することは忘れてはいけませんね。

 

他にも証券口座との組み合わせによってもローン金利の優遇などが受けられる銀行もあります。証券口座は少しハードルが高いと感じる方には、例えば普通預金口座をお給料の振り込み先として指定するだけで金利が下がるようなローンはいかがでしょうか。公共料金の引き落とし口座として指定することでも金利優遇が受けられる銀行もあります。

 

このように、銀行ならではともいえるローンをお得に活用していく方法は様々です。ローンの比較はその表記されている金利だけを見て行ってしまいやすいのですが、細かなこういったサービスなどもしっかりと確認していく必要があるでしょう。

 

ローン金利に加えて、お得な点を是非確認した上で借り入れ先を決定しましょう。大きな金額を借りて長く返済していく場合、少額を借りてさっと返してしまう場合などローンの使い方によっても申し込み先として選ぶ銀行が違ってきそうです。

住宅ローンもネット銀行を利用する方が増加中

ネット銀行に注目されている方も多いですね。ネットのみで取引を行いますので、利用に際して手間がかからないことを大きな特徴としています。今は店舗のある銀行を利用している方でもインターネットバンキングで普段の利用はほとんど済ませているということが増えているのではないでしょうか。

 

銀行においてネットの活用はなくてはならないものになりつつある中、最初からネットのみでの取引を前提としているネット銀行をサブバンクではなくメインの銀行として利用されている方が増えているのもある意味自然な流れなのかもしれません。

 

ネット銀行は預金などでつく金利は高く、ローンなどの金利が低いというメリットは店舗がないゆえに可能になっています。コストがかからない分利用者に還元できるという訳です。そんな中、ネット銀行のローンにも当然注目が集まっています。

 

ネット銀行で特徴的なのはカードローンやネットキャッシングが多いでしょうか。ネットのみで自分の銀行口座に借り入れる金額が振り込まれるという方法を利用できるローンもあれば、カードが発行され提携している金融機関やコンビニなどでカードを使って借り入れや返済ができるというローンもあります。もちろん両方を同じローンで利用できるものもあります。自分の利用方法に応じてローンを選ぶということになるでしょう。

 

カードローンは簡単な手続きと提出書類が大きな特徴となっているので、ネット銀行でも何の問題もないと感じる方も多いでしょう。店舗のある銀行でもカードローンの契約に関して一切ネットで行える所もあります。

 

しかし相談などをしたいことが多いような住宅ローンも最近はネット銀行を利用する方も増えています。住宅ローンでも少しでも低金利の所で借りたいと考えるのはどなたも同じです。

 

ネット銀行でたくさんの書類の提出や契約は面倒なのでは?分からないことなどがあった場合にフォローはどうなっているのだろう?と住宅ローンのような大きな金額の借り入れをする際には不安があるかもしれません。

 

しかし、ネット銀行でもフリーダイヤルなどで質問できるサービスは当然充実しています。またネット銀行の中には申し込みできる地域は限定されますが、住宅ローンに限っては特別に設置している店舗での申し込みを可能にしている所もあります。

 

ネット銀行だから、メガバンクだと、地方銀行なら、と銀行によって色々と利用前に思い浮かぶことは確かにあります。しかし、利用方法に関する疑問や不安を解消できれば銀行の種類などで借り入れ先を決定するのではなく、金利などローン自体で借り入れ先を決めることのほうが大切になってきそうですね。特に住宅ローンでは返済期間の長さは承知の上ですから、金利が少しでも低いところを選ばなければならないはずです。